都市計画の目的と基本理念

 都市計画法の目的は何でしょうか。また、都市計画を定めるについての基本理念とはどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

 都市計画法は、都市計画の内容及びその決定手続、都市計画制限、都市計画事業その他都市計画に関し必要な事項を定めることにより、都市の健全な発展と秩序ある整備をはかり、もって国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的とします(都計法一条)。
 また、都市計画は、農林漁業との健全な調和をはかりつつ、健康で文化的な都市生活及び機能的な都市活動を確保すべきこと並びにこのためには適正な制限のもとに土地の合理的な利用がはかられるべきことを基本理念として定めるものとされています(都計法二条)。
 都市計画とは、都市における、都市活動(機能、環境)を支えるため、都市計画決定権者が所定の手続に従って決定する計画及びそれを担保するための規制と誘導の仕組みをいい、その計画内容は、土地利用、都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画から構成されます。
 都市計画法は、都市計画の内容である土地利用、都市施設及び市街地開発事業の決定手続を定め、これらの都市計画を実現するために将来の事業の妨げにならないように一定の建築行為を制限する等の土地利用規制を行い、更には決定された都市計画を実現するための都市計画事業に関する事項を規定しています。
 都市計画法は、こうした都市計画に関し必要な事項を定めることにより、「都市の健全な発展と秩序ある整備を図り、もって国土の均衡ある発展と公共の福祉の増進に寄与することを目的とする。」(都計法一条)と規定しています。
 そして、この都市計画の目的を達成するため、都市計画事業を策定するに際しての理念として、農林漁業との健全な調和をはかることに留意し、第一に都市は市民の生活の場であるとともに個人や企業の経済活動の場でありますから、都市計画の究極的な目標が健康で文化的な都市生活と機能的な都市活動の双方の目的を確保することにあることを宣言し、第二に、この目的のためには土地の利用を個人の恣意に委ねることなく、適正な制限を課することによって合理的な土地利用がはかられなければならないことを明らかにしています。

copyrght(c).土地不動産の有効活用.all; rights; reserved

都市計画の目的と基本理念
都市計画区的と都市地域との関係
都市計画の目的と都市計画の基本理念
都市計画法による都市計画と国土利用計画法の都市地域との関係
都市計画区域と行政区域との関係
地先公有水面と都市計画区域との関係
都市計画区域の指定とその手続き
都市計画区域の指定の効果
都市計画に関する基礎調査
環境影響評価法とは
市街化区域と市街化調整区域の区分
市街化区域・市街化調整区域の区域区分を行った場合に生じる法的効果
市街化区域と工業との関係
農林漁業との調整
農業振興地域との関係
整備、開発、保全の方針
市街化区域の規模の決定の仕方
保留人口フレーム
地域地区の種類
第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域とは
第一種中高層住居専用地域と第二種中高層住居専用地域とは
第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域とは
近隣商業地域、商業地域とは
準工業地域、工業地域、工業専用地域とは
地域地区について都市計画に定める事項
特定街区として指定される基準
促進区域について都市計画に定める事項
土地区画整理促進区的に係る建築の規制
遊休土地転換利用促進地区の条件
被災市街地復興推進地域に関する都市計画
被災市街地復興推進地域の復興のための土地区画整理事業についての特例
被災市街地復興推進地域の建築行為の制限
都市施設の種類
都市施設について都市計画に定める事項
複数の行政区域や都市計画区域にまたがる都市施設と市街地開発事業の決定
地下の公共的利用の基本計画
市街地開発事業予定区域の種類
予定区域として都市計画に定める事項
予定区域に係る市街地開発事業と都市施設に関する都市計画
地区計画とは
地区計画における誘導容積制度
容積率特例制度
地区計画の方針のみを定めた場合の効力
地区計画と用途地域の一般的規制との関係
住宅地高度利用地区計画
用途別容積型地区計画
街並み誘導型地区計画
沿道地区計画
沿道地区整備計画
沿道整備権利移転等促進計画
再開発地区計画
地区計画と再開発地区計画との相違
集落地区計画
田園居住区整備事業制度
防災街区整備地区計画
防災再開発促進地区の指定基準
防災再開発促進地区内の建物の建替計画
防災再開発促進地区内の延焼等危険建築物の取扱い
防災街区整備権利移転等促進計画
都市計画の策定の基準
都市計画を表示する図書
都市計画は誰が決定するのか
都道府県知事が都市計画を定める手続き
市町村が都市計画を定める手続き
知事の定める都市計画に関係する市町村の意見が不同意の場合
都市計画の変更と軽易な変更の意味
変更前の都市計画と変更後の都市計画で都市計画を定める者が異なった場合
都市計画の決定に対する国の関与
都市計画における総合調製
都市計画の案縦覧
都市計画を決定する際に行う環境影響評価の手続き
土地不動産の有効活用の実務
開発許可制度
第一種市街地再開発事業の測量と調査の手順
土地区画整理事業とは
借地借家法の狙い
借地期間を定めない場合
借地契約解除をする際の地主の留意点
建物を賃借するときの法律
家主の変更と借家権の承継
借家権の相続
抵当権設定後の土地の短期賃借人に建物買取請求権は認められるか
建物の二重賃借人間の優先関係の判断基準
境界とは
家屋を新築するときは、境界からどれだけ離すべきか
通行地役権を設定するには
分譲マンションの共用部分の修繕費用の分担