土地区画整理事業とは

 土地区画整理事業はどのようなものでしょうか。また、その事業のしくみ及び特徴はどんなところにあるのでしようか。
 土地区画整理事業とは、都市計画区域内の土地について、道路・公園・広場・河川等の公共施設の整備改善及び宅地の利用増進をはかるため、土地区画整理法の定めるところに従って行われる土地の区画形質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業をいいます。
 この事業は、都市基盤施設の未整備な市街地又は今後市街化が予想される開発予定地を健全な市街地として造成するため、一定の範囲の土地を定め、道路・公園等の公共施設を整備するとともに宅地の区画や形状を整え、整序された「まちづくり」を行うことがこの事業の特徴といえます。

スポンサーリンク

 [土地区画整理事業の目的]
 土地区画整理事業の目的には、前にも述べたように、「公共施設の整備改善」及び「宅地の利用増進」の二つがあります。
 まずはじめに、公共施設の整備改善でありますが、生活環境の維持、向上をはがるためには、「健全な市街地」として道路・公園・広場等の公共施設が適切に配置される必要があります。
 しかしながら、現状の街並みは、都市基盤施設の来整備なまま市街地が形成され、消防車も入れない狭朧な道路、また中心市街地においても買物・通勤等の足となるバス等の大量輸送手段の確保さえ困難な道路が多くあります。これらの問題を解決しながら「まちづくり」を行うためには、都市計画の母といわれる事業手法である土地区画整理事業が最も適した事業といえます。
 また、将来の居住人口の増加・都市人口の集中等によって、新たな市街地の形成が予想される土地についても、計画的な「まちづくり」を行うため、所要の公共施設を事前に計画的に配置する必要があります。この際にも土地区画整理事業の手法により整備するのが有効な「まちづくり」の手段といえます。
 次に、宅地の利用増進でありますが、公共施設の整備改善とあいまって事業目的の一方の重要な柱であります。公共施設の整備改善及び計画的な配置と同時に宅地についても土地の区画形質の変更を行い整形された宅地を造成し健全な市街地とします。
 以上のように「公共施設の整備改善」と「宅地の利用増進」とは、車の両輪のごとく密接な関連を特ちながら事業を行うのが第一の特徴ということができます。
 [土地区画整理事業のしくみ]
 一般的に、公共施設の整備は、買収(収用)、寄付等により公的機関によって行われるのが普通ですが、土地区画整理事業においては、区域内の宅地の利用増進の範囲内で、個々の宅地から少しずつ土地を提供しあうことによって公共施設の整備を行います。
 このように、事業を施行する以前の宅地(以下「従前の宅地」ということ事業の施行によって区画形質を変更し整形された宅地(換地)との面積を比較すると少なくとも公共施設用地の面積の増加分だけは、従前の宅地に比べて面積が減少します。
 このような換地面積の減少を一般に「減歩」とよんでいます。
 減歩には、公共施設用地に充てる公共減歩と第三者等に売却した金額を事業費に充てるための保留地(区画法九六条)に充てる保留地減少があります。
 以上のように減歩によって、一般に個々の宅地の面積は、事業施行後において減少することになりますが、公共施設の整備改善により、周辺環境の整備や宅地の整形化か図られ、換地後の宅地の利用価値はむしろ従前の宅地に比べて上昇するため宅地所有者等が損失を受けることはありません。
 このように、換他手法によって行われるのが、土地区画整理事業の第二の特徴ということができます。

copyrght(c).土地不動産の有効活用.all; rights; reserved

土地区画整理事業とは
土地区画整理事業の施行者は
特定土地区画整理事業とは
住宅先行建設区制度
個人施行者が土地区画整理事業を施行する手続き
基準、規約及び事業計画において定める事項
施行の許可の基準
施行者の変動
土地区画整理事業を廃止、終了する手続き
報告、勧告
土地区画整理事業
土地区画整理組合を設立する手続き
定款及び事業計画又は事業基本方針において定める事項
定款・事業計画・事業基本方針の変更手続き
組合施行における縦覧と意見書の処理
土地区画整理組合の組合員になるには
土地区画整理組合の組合役員の選任方法とその職務
土地区画整理組合の組合総会の招集手続き
土地区画整理組合の組合総会の運営方法
総代会、総代とは
土地区画整理組合の負担金、分担金
土地区画整理組合に準用される民法の規程
土地区画整理組合の解散と清算手続き
土地区画整理組合の合併
都道府県や市町村が土地区画整理事業を行う手続
施行規程と事業計画において定める事項
地方住宅供給公社が土地区画整理事業を施行する鉄続き
土地区画整理事業の施行規程と事業計画において定める事項
土地区画整理審議会の組織
土地区画整理審議会の招集と開催
土地区画整理審議会の委員の選挙権
土地区画整理審議会の選挙人名簿の作成
土地区画整理事業の評価員
土地区画整理事業の測量と調査の手順
土地立入りに伴う損失の補償
技術的援助の請求
施行地区内における建築行為の制限
建築物の移転と除却
建築物の移転や除却に伴う損失の補償
土地区画整理事業での直接施行
施行者に認められている土地の使用と工事実績の権限
土地区画整理事業での施行者の代位登記
土地区画整理事業の事業計画許可の広告後の届出
土地区画整理事業の施行者が備え付けておくべき簿書
土地区画整理事業の施行者に対する権利の申告
換地計画の決定手続き
換地設計
換地を定める基準
都道府県や市町村が行う換地を定める基準
減歩率、減歩地積
減歩率、減歩地積の決定方法
土地区画整理における土地評価の方法
換地計画の清算金の額
特別の宅地に関する措置
保留地
立体換地
権利価格
高圧送電線の移動と敷地の取扱い
仮換地の指定手続き
仮換地の指定の効果
使用収益の停止
仮換地指定に伴う損失補償
仮清算とは
換地処分とは
換地処分の手続き
換地処分の効果
公共施設用地の帰属と公共施設の管理
換地処分に伴う登記
保留地の処分の方法
減価補償金
清算金の徴収と交付の方法
清算金の相殺と供託
土地区画整理事業の施行による権利関係の調整
土地区画整理事業に要する費用の負担
地方公共団体の分担金
公共施設管理者の負担金
組合等区画整理補助事業
公共団体等区画整理補助事業
土地区画整理事業て_補助金が交付される場合
土地区画整理組合に対する貸付制度
個人施行者に対する監督措置
土地区画整理組合に対する監督措置
都道府県と市町村に対する監督措置
土地区画整理事業に係る不服申立て
重複施行の制限と引継
宅地が共有地、共同借地であるとき
債権者の同意の基準
意見書の提出期間の計算
土地区画整理事業における鉄道の工事費の負担
土地区画整理事業と農用地の関係
土地区画整理事業における指定都市と中核市の長が行う事務
土地区画整理事業の施行地区内の土地の購入
安全市街地形成土地区画整理事業
土地不動産の有効活用の実務
都市計画の目的と基本理念
開発許可制度
第一種市街地再開発事業の測量と調査の手順
借地借家法の狙い
借地期間を定めない場合
借地契約解除をする際の地主の留意点
建物を賃借するときの法律
家主の変更と借家権の承継
借家権の相続
抵当権設定後の土地の短期賃借人に建物買取請求権は認められるか
建物の二重賃借人間の優先関係の判断基準
境界とは
家屋を新築するときは、境界からどれだけ離すべきか
通行地役権を設定するには
分譲マンションの共用部分の修繕費用の分担